2016年(H28) 第3回ネイチャー部門

ypcロゴ

2016年(H28) 第3回 ネイチャー



自由へ  テーマへ  撮影会へ  前回へ  次回へ

最優秀賞
「朝陽に輝く」 本間 静子 ( 所沢市 )
入賞写真
[評]
 作者によれば、早朝の多摩川という。自然風景の大家は、「美しい光景は朝か夕方の斜め光線に限る」という。多摩川の広い河原の中からこの限られた水辺に射し込む朝陽による金色と岩の黒、白く反射する水の三色の構成が美しい。この場面を見つけた作者の審美眼と、このように構成した造形力が素晴らしい。 (評は河野和典先生)
優秀賞
「雨後の仲間達」 鈴木 進午 ( さいたま市 )
入賞写真
[評]
 色といい、形といい、そして作者が名付けた通りの寄り添ったその姿の重なり具合といい、とてもしゃれている。この描写──絶妙な被写界深度による立体感──の見事さは、画面構成は言うに及ばず、レンズと絞り値の選択にある。(評は河野和典先生)
 
優秀賞
「波紋」 安藤 弘子 ( 三芳町 )
入賞写真
[評]
 〈ネイチャー〉部門ながらそれを突き破るような個性的で美的感覚に溢れる新鮮な描写である。1950年代ドイツのオットー・シュタイナートが提唱し植田正治、石元泰博、東松照明、一村哲也、新山清らが参加して、日本でもちょっとしたブームとなった「主観主義写真」を彷彿とさせる。(評は河野和典先生)
入選
「雨上がり」 笠原 和子 ( 小川町 )
入賞写真
入選
「春の兆し」 大澤 寅三 ( 小川町 )
入賞写真
入選
「僥倖の光射す」 長島 善江 ( 行田市 )
入賞写真
入選
「水面」 藪内 邦夫 ( 富士見市 )
入賞写真
入選
「光模様」 南家 敬弘 ( 鳩山町 )
入賞写真
入選
「砂丘の夕暮れ」 森  卓廣 ( 草加市 )
入賞写真
入選
「あじさいの森」 新井 康夫 ( 桶川市 )
入賞写真
入選
「スポット・ライト」 新井 幸男 ( 川越市 )
入賞写真
入選
「水無月の朝」 坂東 義弘 ( 幸手市 )
入賞写真
入選
「全員集合」 小久保 美憲 ( 熊谷市 )
入賞写真

自由へ  テーマへ  撮影会へ  前回へ  次回へ


この頁の先頭へ


© Copyright 2015 Saitama-YPC