トップ 受賞作品 クラブ案内 リンク等

2016年(H28) 第1回 撮影会

ー モデル ー

最優秀賞
「春よ来い」 小野 滋  ( 川越市 )
入賞写真"
[評]
 どうしても類似作品が多くなるモデル撮影会であるが、この作品は出色であった。望遠レンズの選択が適切であったこと、モデルの服装、口紅と頬の化粧、髪色、耳飾り、腕時計といった全体のバランスがシンプルでシックであったこと、そして時代を感じさせる着こなしなどで、モデルが見事に浮き立っていることである。ただ惜しむらくは、目線がレンズになかったことだ。目線によって印象はずっと強くなる。(評は河野和典元日本カメラ編集長)
 
優秀賞
「瞳の向こうは」 藤井 義之  ( 春日部市 )
入賞写真
[評]
 この作品は最優秀賞とは逆に、目がほどよく強く、生きている。それから梅の花とイヤリングと襟元に現れた白、バックの塀のグレーによって、画面全体が明るく爽やかな印象を与えている。ただ、背景上部の塀の青瓦は明るい画面に蓋をするようで、これをトリミングをすれば、さらに爽やかな画面になったと思われる。(評は河野和典元日本カメラ編集長)
 
優秀賞
「春 酔」 菊池 隆夫  ( 鴻巣市 )
入賞写真
[評]
 この作品は、まるで梅の赤と化粧の赤をコーディネートしたようで、強い印象を与える。またそれを強調するように、まわりの余分な描写を排除した思い切った画面構成が効果を上げている。ただ、この作者の思い切りの良さが完全でなかったのが、画面下にわずかに見える肩の白である。これがアルとナシでは画面のインパクトが大きく違ってくる。(評は河野和典元日本カメラ編集長)
 
入選
「春うらら」 伊藤 康雄  ( 宮代町 )
入賞写真
 
入選
「女三四郎」 稲原 幸一  ( 熊谷市 )
入賞写真
 
入選
「見つめる」 岡野 七百之  ( 吉川市 )
入賞写真
 
入選
「覗 く」 中島 敬忠  ( 熊谷市 )
入賞写真
 
入選
「梅花の香り」 小田原 順徳  ( 東松山市 )
入賞写真
 
入選
「水辺のほほえみ」 岩田 光司  ( 加須市 )
入賞写真
 
入選
「至高の笑み」 古賀 哲三  ( 越谷市 )
入賞写真
 
入選
「水 鏡」 清水 英夫  ( さいたま市 )
入賞写真
 
入選
「瞳耀く」 加野 智士  ( 加須市 )
入賞写真
 
入選
「爽 風」 笹川 三之  ( 鶴ヶ島市 )
入賞写真